ララララLife goes on

興味をもってきたものごとアレコレの記録

愛しているぜベイビー! 孫がやってきた!

f:id:takahikonojima:20220115221547j:plain

年末に長女夫婦と孫がやってきました.
ピンポーン!
「待ってたぜ会いたかったぜベイビー!」
と突撃していった私に長女が
「ほいっ!」
と孫を渡してくれました.
「孫! この前 会ったときよりずいぶんと大きくなったじゃないか! 男前だぜ!」
「うえーん」
「おお,泣かないでおくれベイビー」
しょうがないので長女に戻しました.
「なんだ孫そんなにママがいいのかママが好きなのか俺だっておまえのママが好きだぞ孫おまえが生まれるずーっと前から好きなんだぞ孫!」
次は次女.
「はじめまして.おばちゃんだよ!」
次女22才は甥っ子の誕生によって「おばさん (叔母さん)」になったことを面白がっており,私に対しても
「私が叔母さんになったらあなたはお爺さんよ〜♪」
などとふざけて歌っています.
初めて会った叔母のことを孫はなんだかよくわかんなかったみたいで,泣くわけでもなく笑うわけでもありませんでした.
「ああ,命の重み」
というのが次女のコメントでした.
孫は予定よりも4ヶ月早く生まれてきて,体重564グラムという,一世代前の医療だったら助からなかった状態から生き延びて体重6.5キログラムまで大きくなりました.次女もイロイロと健康上の問題と戦い苦労してきた人生です.そのうえでの「命の重み」というのは,単に重量6.5キログラムというわけではないのです.

f:id:takahikonojima:20211230121522j:plain
次女と孫がいっしょに遊ぶの図

その夜は近所のイタリアンレストランに行きました.
ここは長女がお気に入りのお店で,そういうお店があるよっていう話を長女夫婦でしていたら,長女の夫氏が是非行ってみたい,ということになったみたいで,今回みんなで行くことになったのです.
孫ゴキゲン☆
メニューとか水とか料理とか,ウェイトレスのお姉さんが運んでくるたびにお目々をキラッキラッ輝かせて少女漫画の主人公かっていうくらい輝かせて,赤ちゃんオーラを撒き散らしていました.
「おい孫,なんなんだ俺のときには泣いていたのに!」
長女:「そうなんだよねこの子,若い女の子を見ると喜んじゃって,まったく!」
それでいいんだぜ☆

その夜は
「うえーん」
と赤ちゃんの泣き声がして,
「ミルクの時間だ!」
とガバッと起きそうになること2回でした.2回とも
「いやいやうちの子のミルクタイム最終回は20年以上前だったじゃないか今夜は孫がいるのだよ孫が」
って気付いて眠る,という調子でした.
長女たちがいる間,夜中のミルクを替わろうかって言っていたんだけど,ミルクの温度がいつもと違うとか,ミルクボトルの角度がいつもと違うとか,なんかそういうのでベビーって大騒ぎになるし,それでどうにもならなくなって長女夫婦を起こしてなんかやってもらうのもアレなので,私は余計なことしないで寝ていることにしたのでした.
同じ理由で孫とのお風呂タイムも辞退しました.
長女は
「孫とお風呂に入らない?」
みたいにきいてくれたけど,コレもスリップしてアタマ打ったとかシャンプーが目に入ったとか浴槽で転覆したとか,そういうことになったら困るので,せめて自分で立てるようになってからっていうことにしました.
娘2人が小さかった頃は一緒にお風呂に入って,バシャバシャと暴れたり,アヒルのオモチャを浮かべてなんかやったり,洗面器にお湯を貯めてアタマからジャバーーンってやったりっていうのをやっていました.あれ面白かったので,孫とも同じことをやるんだ!

f:id:takahikonojima:20220115221710j:plain

赤ちゃんのいる朝は賑やかです.っていうか,うるさい!
まだハイハイできない孫は,床の上でお腹をズルズル引きずって歩き回りながら (「ずりばい」と言うらしい),ボールを転がしたりデンッ!デンッ! 積み木ならぬ積みプラスチック散らかしたりガシャーン!ガシャーン!,音の出る動物絵本を開いてガオーー!とかワン!とか音を出したり,イヌ13才♀の入っている柵に突っ込もうとしてイヌに「キャン!」って吠えられたり,とにかくうるさい!
デンッ! デンッ! ガシャーン! ガシャーン! ガオーー! ワン! デンッ! ガシャーン! キャン! ガシャーン!
ああっ! もうっうるさいよ! なんなんだよ! 孫がいるってこんなにうるさいのかよ! うるさい! やまかしい! もう! これも孫がいるからじゃないか! いいぞいいぞもっとやれー!!

f:id:takahikonojima:20220115221729j:plain

そのときでした,
「ミュージック,スタート!」
長女の掛け声とともに長女の夫氏がiPadでYoutubeの赤ちゃん向けコンテンツの中から,歯磨きソングを選んで再生しました.
「歯ー磨き歯磨きグっグっグーっ! 歯磨き歯磨きグっグっグーっ! 」
長女は手際よく赤ちゃん歯磨き粉を赤ちゃん歯ブラシに乗っけると孫の口を開けてシャカシャカと歯磨き開始!
「歯ー磨き歯磨きグっグっグーっ! 歯磨き歯磨きグっグっグーっ! 」
長女夫婦いっしょに
「歯ー磨き歯磨きグっグっグーっ! 歯磨き歯磨きグっグっグーっ! 」
私と次女もいっしょに
「歯ー磨き歯磨きグっグっグーっ! 歯磨き歯磨きグっグっグーっ! 」
クラップ・ユア・ハンズ!
「歯ー磨き歯磨きグっグっグーっ! 歯磨き歯磨きグっグっグーっ! 」
ツイスト!
「歯ー磨き歯磨きグっグっグーっ! 歯磨き歯磨きグっグっグーっ! 」
モンキーダンス!
「歯ー磨き歯磨きグっグっグーっ! 歯磨き歯磨きグっグっグーっ! 」
歌え! 踊れ!
楽しいよ! 孫がいるのって楽しいよ! 楽しくやろうぜベイビー! おまえのママとも,おまえのおばちゃんとも楽しく幸せにやってきたんだ! おまえとも楽しくやるぜ!
愛しているぜベイビー!

f:id:takahikonojima:20220115221758j:plain
孫,生まれてはじめてイヌに触れるの図
f:id:takahikonojima:20211230104010j:plain
孫に長女(右手前)がゲームを教えるのを見守る次女(左)を見守る長女の夫氏(右奥)
f:id:takahikonojima:20220115221845j:plain
初孫に初お年玉をプレゼント!
f:id:takahikonojima:20220115221901j:plain
愛しているぜベイビー☆

1つ前の記事

www.takahikonojima.net

娘カテゴリー

www.takahikonojima.net