読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ララララLife goes on

興味をもってきたものごとアレコレの記録

そのうちには永遠に:イーグルスのグレン・フライ

音楽

「そのうちに」とか「次の機会に」って言っていると人生の最後まで「そのうち」も「次の機会」も来ない可能性があります.

「二度目のチャンスは逃さない」っていう姿勢は大切ですが,それは「二度目」が来ることが奇跡だからです.

高校時代にTVの音楽番組でイーグルスホテル・カリフォルニア
を演奏している場面を見たとき,ギタリスト2人によるエンディングのギタープレイがとてもカッコ良くて,いつかアレを生演奏で見てみたいものだ,と思いました.

私はイーグルスのファンにはなりませんでしたが,iTunesのライブラリーにはイーグルスのオリジナル曲全曲が入っていて,たまに「イーグルスを聴きたい日」が来ると,アルバム「ホテル・カリフォルニア」を選びます.その一曲目が「ホテル・カリフォルニア」.

「いつか 見てみたいものだ」って思っていても,私が高校生だった頃にはイーグルスは解散してしまっていたので,コレは永遠に不可能な願いの一つでした.

ところがそれから10年くらい経って,イーグルスがまさかの再結成をして,日本公演まで行いました(1995年).しかし,日本育英会(いまの学生支援機構)暮らしの大学院生だった私には,チケット代金がちょいとアレで,「次の機会に」っていうことになりました.

その後も何回か来日公演があったのですが,「次の機会に」を続けて現在に至ります.

ちょうど1か月前,そこに突然やってきたのが,イーグルスの創立メンバーでもあり,中心メンバーの一人でもあるグレン・フライ死去のニュースでした.

It is with the heaviest of hearts that we announce the passing of husband, best friend, father, comrade, and Eagles...

Posted by Eagles on 2016年1月18日

イーグルスは去年の7月までコンサートツアーをやっていたので,コレは急なニュースでした.

残りのメンバーにサポートメンバーを加えて活動を再開するのか,それとも解散になるのかは不明ですが,「そのうちに」とか「次の機会に」って言っていると人生の最後まで「そのうち」も「次の機会」も来ない可能性がある,ということを改めて理解した出来事でした.

Eagles Studio Albums 1972-1979

Eagles Studio Albums 1972-1979