読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ララララLife goes on

興味をもってきたものごとアレコレの記録

500万本の彼岸花が花を咲かせる巾着田曼珠沙華公園に行ってきたよ!

行ってきた

f:id:takahikonojima:20160925195621j:plain
500万本の彼岸花が赤い花を咲かせる,埼玉県日高市にある巾着田曼珠沙華公園に行ってきました.

f:id:takahikonojima:20160925195646j:plain
巾着田曼珠沙華公園近くには『日高市の花 曼珠沙華』と書かれたアドバルーンが上がっていました.

「曼珠沙華」は彼岸花の別名です.この花には 1000種類以上の別名 があるのです.

今年の10月1日から正式に曼珠沙華が日高市の花になります.

日高市は、市の花に「曼珠沙華(まんじゅしゃげ)(ヒガンバナ)」を十月一日付で追加指定することを決めた。

f:id:takahikonojima:20160925195705j:plain
彼岸花の開花シーズンには巾着田曼珠沙華公園への入場が有料となります.今年は9月16日から有料期間が始まりました.一人につき300円です.
曼珠沙華公園 きょうから有料 開花始まる 日高市 / 埼玉/毎日新聞(2016-09-16)

f:id:takahikonojima:20160925195731j:plain
彼岸花の群生地はみごとに赤く染まっていました.

f:id:takahikonojima:20160925195746j:plain
赤い雲の間を歩いているかのような錯覚を抱きました.

f:id:takahikonojima:20160925195802j:plain

f:id:takahikonojima:20160925195809j:plain
白い花が一緒に咲いている場所もありました.色違いではなくて,近隣種の白花曼珠沙華です.

f:id:takahikonojima:20160925195822j:plain
巾着田曼珠沙華公園入口で配布されているガイドブックによれば,

昭和40年代前半に、巾着田の用地を当時の日高町が取得し、藪や竹林、あしに覆われた現地を整地したところ、9月頃一斉に曼珠沙華が咲き揃い、多くの方の関心を呼ぶようになりました。

とのことです.

一方, 巾着田 ホームページによれば

歴史的には昭和40年代後半に、巾着田の用地を当時の日高町が取得し、利用について議論される中で、平成元年頃に草薮であった河川敷地の草刈りをし始めると、そこに生息していた曼珠沙華の姿が見られるようになりました。群生の規模が予想外に大きく、その美しさを報道機関等が紹介するようになると、多くの方々の関心を引くようになりました。

ということで,記載に一部食い違いがみられますが,たまたまこの場所に彼岸花の球根が大量に眠っていたことは確かです.土地を整備する前も,9月になると彼岸花が咲いていたのかもしれませんが,目立たなかったのかもしれません.

それにしても,整地後の様子を見に行ったら50万本の赤い花が咲いていた,っていう状況を目撃した人には驚異的だったことでしょう.

f:id:takahikonojima:20160925195844j:plain

曼珠沙華まつりも開催中

9月17日から10月2日まで,巾着田曼珠沙華公園内では 曼珠沙華まつり が開催されています.

テントが並び,食べ物や工芸品などが販売されていました.

自家用車で行くんだったら少なくとも9時前の到着がおすすめ

f:id:takahikonojima:20160925195858j:plain
「金曜日(23日・曇り)に自家用車で行ったところ空いていた」という情報があったので,圏央道を経由して行ってみました.

駐車場料金500円.

巾着田曼珠沙華公園の駐車場に入るためにはJR八高線の高麗川駅側から国道15号線を進んで行き,左折することになりますが,朝9時20分頃の段階でこの車線は渋滞していました.

彼岸花渋滞.

この道路を逆方向から,つまり西武新宿線の高麗駅側から進んで行く場合には混雑していませんでしたが,巾着田曼珠沙華公園の駐車場入口では右折禁止になっていました.ただし,こちらの方向では道路沿い左側に私有地を転用した臨時駐車場が何か所かありました.

後者の方向で9時20分頃に現地付近に到着したところ,臨終駐車場が何か所か空いていましたが,左折するタイミングを逸してしまい,そのまま渋滞を右手に眺めながら直進し,再度戻ってきたときには臨時駐車場はすべて満車,しかたなく逆方向の渋滞の列に加わって1時間以上並んで巾着田曼珠沙華公園の駐車場に入りました.

早朝から来ている人々もいるし,渋滞がひどくなる前に現地を離れる人々もいるので,並んでいればいつかは入れる,という調子でした.

関連記事

www.takahikonojima.net

このブログを書いている人

www.tnojima.net

2016年の彼岸花観察その39

彼岸花

先週の記録

www.takahikonojima.net

9月18日(日)

f:id:takahikonojima:20160922123956j:plain
f:id:takahikonojima:20160922124001j:plain
茶色いプランターの右端では,昨年 6月20日 に楠田純一先生 @junkusuda からいただいて植えた球根の一つが芽を出しています.5個の球根を植えたのですが,昨年は茎を出さず,今年になって始めて1個だけ茎を出してきました.

9月19日(月)

f:id:takahikonojima:20160922124008j:plain
f:id:takahikonojima:20160922124013j:plain

9月20日(火)

f:id:takahikonojima:20160922124017j:plain
f:id:takahikonojima:20160922124021j:plain

9月21日(水)

f:id:takahikonojima:20160922124025j:plain
f:id:takahikonojima:20160922124030j:plain

9月22日(木)

f:id:takahikonojima:20160922124034j:plain
f:id:takahikonojima:20160922124038j:plain

9月23日(金)

f:id:takahikonojima:20160924154844j:plain
f:id:takahikonojima:20160924154849j:plain

9月24日(土)

f:id:takahikonojima:20160924154853j:plain
f:id:takahikonojima:20160924154858j:plain

これまでの観察記録

www.takahikonojima.net

映像や音響もすばらしい『ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK』は,音楽に限らず半世紀前の社会と「そこから続く今の私たち」を理解できる映画

映画を観た 音楽

f:id:takahikonojima:20160924213935j:plain

『ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK』 を観てきました.

ビートルズがメジャーデビューした1962年から解散した1970年までのうち,最後のコンサートが行われた1966年8月までのビートルズの日々を紹介しつつ,ライブ会場の模様や,その時代に起きた出来事,そしてビートルズだった4人も含めた様々な人々へのインタビューを組みあわせたドキュメンタリーとなっていました.

2016年に向けて生前にインタビューが行われていたような錯覚

ビートルズについては現役時代も,解散後のメンバー4人についても,様々なインタビューの記録が残されていますが,それらを適切に組み合わせることによって,この映画のためにすべてのインタビューが収録されているように思わせる構成になっていました.

ジョン・レノンが亡くなったのは36年前(1980年),ジョージ・ハリスンが亡くなったのが15年前(2001年)ですが,この2人は2016年に公開される映画のために生前にインタビューに応じていたのではないか,という錯覚を抱くほどでした.

デジタルリマスター技術の衝撃

映画公開より先に9月9日(金)に全世界同時発売されたサウンドトラック扱いのライブ盤「ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル」では,半世紀前の原始的な機器で録音された音源を21世紀の技術で迫力あるサウンドに蘇らせていました.

ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル

ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル

www.takahikonojima.net

このアルバムをすでに聴いていたので,今回のサウンドには期待していました.

そしてそれは裏切られることがありませんでした.

音楽プロデューサーを務めたジャイルズ・マーティンが公式パンフレットの中で述べているとおりでした.

当時のライブ会場にいて聴くよりも、この映画で聴いたほうがちゃんと聞こえるというようなレベルまでたどりついてしまったと思う。

映像についても半世紀前に収録されたフィルムを観ているとは思えませんでした.

たとえばライブ演奏シーンでは,二十代だった頃のビートルズ4人にそっくりな役者を見つけてきて半世紀前のコンサート演奏を上手に再現させているように見えたほどです.

音響の臨場感も合わさっていて,「いま」世界のどこかの大規模コンサート会場で演技の上手な役者4人がビートルズに扮して演奏をしており,その中継映像を遠く離れた映画館で観ている,というレベルでした.

2016年のデジタル技術でも取り除くことのできない,オリジナルフィルムの不鮮明さについては,古さを演出するための効果に見えるほどでした.

1966年前のビートルズがライブ重視だったことを実感

ビートルズの音源がCD化された1980年代半ばから今月まで,ビートルズの公式なライブ盤は発売されませんでした.

そのため,ビートルズのサウンドとして世の中で聴かれていたものは,ほとんどがスタジオ録音されたものだったわけです.

それが,この映画の公開と,それに先立つライブ盤の発売で変わって行くかもしれません.

いずれも,ビートルズがすばらしいコンサートを行っていたグループだったことを再認識させてくれるものだからです.

パンフレットにも次のように記されています.

この映画の狙いの1つは、ビートルズのライブを生で観るチャンスに恵まれなかった世代に、それがどのようなものだったかを伝えることだ。

ビートルズが世の中の価値観を変えた具体的な例の記録

ビートルズは音楽に限らずファッションやライフスタイルも含めた1960年代の文化に影響を与えたアーティストだった,という説明はあちらこちらで見かけますが,2016年の現在のモノサシで判断すると,どれもあたりまえになっていて,具体的に彼らが世の中にどのようなインパクトを与えたのかを把握することは難しくなっています.

そうした状況で今回,1964年にアメリカ南部で大規模コンサートを開催する直前に行われたインタビュー記録映像は,社会の価値観,特に民主的な世界を創ることにビートルズが貢献したことを具体的に示しています.

映画のなかでも衝撃的な新事実は、64年、アメリカ南部を訪れたときにビートルズが直面したエピソードだ。彼らは人種差別が行われている会場でコンサートをすることを拒否したため、フロリダ州ジャクソンビルで行われたゲイターボール公演では、座席を人種によって分けるという方針が変えられることになったのだ。

半世紀前のアメリカには,街中の施設が白色人種向けと有色人種向けに隔離されている地域がありました.コンサートを開催するのであれば,白人用の席と有色人種用の席を分けて設置することになります.

それに対してビートルズは「そのようなやりかたをするのならコンサートは行わない」と言い切り,結果として観客席には様々な肌の色をした観客が集まることになりました.

もしもビートルズがアメリカでコンサートを行わなかったら,コンサート会場の客席を観客の肌の色で分ける習慣がこの世界から廃止されるのはいつになったことでしょうか?

2016年の世界を理解するために役に立つ映画

この映画は,私たちが暮らす2016年の世界を理解するために助けとなる作品です.

ビートルズの4人が最善を尽くして創り上げた音楽で人々の心を揺さぶり,人々の無意味な価値観を砕き,その先の世界に2016年の私たちが暮らしていることがわかるからです.

ビートルズが最後の大規模コンサートを開催した1966年8月から半世紀過ぎた今のモノサシで,1966年に彼らの言っていたことと,その当時の社会のスタンダードとを測ってみると,私たちが暮らすこの世界は,彼らの言っていたことの先にある,ということを実感します.

『ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK』は,「今」に最善を尽くすことが未来を切り拓く,ということを具体的に教えてくれる映画作品です.

予告編トレーラー


このブログを書いている人

www.tnojima.net

2016年の彼岸花観察その38

彼岸花

先週の記録

www.takahikonojima.net

9月11日(日)

f:id:takahikonojima:20160917182317j:plain
f:id:takahikonojima:20160917182322j:plain

9月12日(月)

f:id:takahikonojima:20160917182326j:plain
f:id:takahikonojima:20160917182329j:plain

9月13日(火)

f:id:takahikonojima:20160917182333j:plain
f:id:takahikonojima:20160917182338j:plain

9月14日(水)

f:id:takahikonojima:20160917182341j:plain
f:id:takahikonojima:20160917182359j:plain

9月15日(木)

f:id:takahikonojima:20160917182405j:plain
f:id:takahikonojima:20160917182409j:plain
f:id:takahikonojima:20160917182532j:plain
鉢植え彼岸花から芽が出てきました.
昨年 6月20日 に,楠田純一先生 @junkusuda からいただいて植えた球根の一つです.

9月16日(金)

f:id:takahikonojima:20160917182413j:plain
f:id:takahikonojima:20160917182418j:plain

9月17日(土)

f:id:takahikonojima:20160917182421j:plain
f:id:takahikonojima:20160917182425j:plain

これまでの観察記録

www.takahikonojima.net

9月の「みやがせ花の日」の花はニチニチソウ

行ってきた

f:id:takahikonojima:20160919163028j:plain
「みやがせ花の日」 なので宮ヶ瀬湖に行ってきました.

今回は「アジサイ畑で枯れているアジサイの花を5個から6個 ハサミで切り取る作業」をやるとお土産としてニチニチソウの苗がもらえる,ということになっていました.アジサイ畑からは,6月にアジサイの株を分けていただいたのでした.
www.takahikonojima.net
そのアジサイは我が家で順調に育っています.
f:id:takahikonojima:20160919163040j:plain
ニチニチソウは白,薄いピンク,濃いピンク,赤,の4色を譲ってもらいました.
f:id:takahikonojima:20160919163059j:plain
f:id:takahikonojima:20160922111540j:plain

郷土料理を

籠ふじ で馬刺しと鮎定食を食べました.

6月にもここで同じ組み合わせのお昼ご飯にしたのでした→ 6月に来たときの記録

来月の みやがせ花の日 は第3土曜日の10月15日(土)です

f:id:takahikonojima:20160919163113j:plain

「ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル」はビートルズをよく知らない人にも聴いて欲しいアルバム #TheBeatles

音楽

f:id:takahikonojima:20160915154421j:plain
9月9日にビートルズのアルバム「ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル」が発売されました.これはビートルズ唯一の公式ライヴ音源です.

ビートルズはメジャーデビューしてから解散するまでの期間中(1962年-1970年)にライヴ盤を制作するための録音を試みてはいるのですが,会場や機材の制約,収録された音源のクオリティなどの理由から,ライヴ盤制作には至りませんでした.

解散から7年が過ぎた1977年になって,古い録音テープ(1964年・1965年)を元にアナログレコードの「ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル」(13曲入り)が発売されたのですが,1986年以降にビートルズのオリジナルアルバムがCD化されて行った際,このアルバムはCD化されませんでした.

それが今回,リミックスから やりなおされてCD化されて新発売されました.また,ボーナストラックとして4曲が追加されました.


会場の光景をイメージしながら聞いてみる

このアルバムは聞くポイントを変えて何度も楽しめるアルバムです.

1回目は,全演奏が4人だけで行われているということに意識して聞いてみます.そしてそのまわりを1万7千人のファンが大騒ぎしながら取り囲んでいる状況をイメージしてみます.

最初から最後まで途切れることのない歓声が,ところどころで大きくなる箇所があって,たぶんそこではステージ上で誰かが何かやったのでしょう.たとえば手を振るとか.

そんな状況をイメージして聞いてみます.

4人のパートを分けてきいてみる

演奏は4人だけで行われていて,楽器もボーカルも鮮明に聞き分けられるので(アナログレコードのときはそうでもなかった),4人のうちの誰か1人と替わって演奏しているってイメージして聞いてみます.コレで4回楽しめます(ドラムス,ベース,2×ギター).

「ビートルズといえば『イエスタディ』とか『レット・イット・ビー』とか『ヘイ・ジュード』」っていう人々に聴いてほしいアルバム

日本でビートルズの代表曲として考えられているのは,特にビートルズに関心ない人々には,『イエスタディ』,『レット・イット・ビー』,『ヘイ・ジュード』あたりではないでしょうか?

しかしこのアルバムにはこれら3曲は収められていません.コンサートが行われた時期,『イエスタディ』はすでに発表されていましたが,『レット・イット・ビー』も『ヘイ・ジュード』」もまだこの世界に誕生していなかったのです.

このアルバム本編はロックンロールで始まり,ロックンロールで終わる13曲で構成されています.

間に挟まれている曲はアップテンポの曲がほとんどで,スローなバラードは収められていません(ボーナストラック4曲目『ベイビーズ・イン・ブラック』はスローなバラード).

「ロックンロールバンドとしてのビートルズ」の魅力が詰まった1枚です.

「ビートルズといえば『イエスタディ』とか『レット・イット・ビー』とか『ヘイ・ジュード』」っていう人々に聴いてほしいアルバムです.

ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル

ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル