ララララLife goes on

興味をもってきたものごとアレコレの記録

8月上旬の富士五湖ドライブ

曇り日連続の途中で急に晴れ間が広がった8月上旬,富士五湖巡りドライブをしてみました.
f:id:takahikonojima:20170812120013j:plain
東京側から見て行くことにしました.
山中湖→河口湖→西湖→精進湖→本栖湖

山中湖

f:id:takahikonojima:20170812120040j:plain

河口湖

f:id:takahikonojima:20170812120048j:plain

f:id:takahikonojima:20170812120056j:plain
過去の水面情報を示す柱が立っていました.

西湖

f:id:takahikonojima:20170812120107j:plain

精進湖

f:id:takahikonojima:20170812120118j:plain

本栖湖

f:id:takahikonojima:20170812120126j:plain

f:id:takahikonojima:20170812120134j:plain
龍神の写真撮影フレーム.本栖湖にはかつて龍神が住んでいた,という言い伝えがあります.

千円札の構図

f:id:takahikonojima:20170812120158j:plain
千円札に描かれた構図で富士山を眺められる「中ノ倉峠展望地」近くに行ってみました.

f:id:takahikonojima:20170812120147j:plain

魚料理を


富士五湖巡りを終えた後,国道沿いに食堂「本陣つかさ」 という お店をみつけたのでここでお昼ごはんにしました.
鹿のたたき(500円)と,わかさぎの天ぷら定食(1500円)を食べました.
どちらもこの地方の食材です.
定食についてきた野菜が都内飲食店と比べて多めだったのと,ブドウが付いてきたのが印象的でした.

「行ってきた」シリーズ

www.takahikonojima.net

長生きしたい理由が1つ増えました:未来の世界で孫とか ひ孫とかに会いたいんだ!

f:id:takahikonojima:20170718041343j:plain
親戚からメロン5個セットっていうのを頂いたんだけど,私と娘とでは食べきれないので,とりあえず歩いて5分くらいのSさんのところへ1個持って行きました.

Sさんと私とは同い年で,Sさんの長女と私の長女とも同い年で,長女どうしが小学校で同じクラスだったこともあるっていう仲で,その縁で現在までお付き合いが続いてます.

「Sさん,メロン持ってきましたよ! そして,おめでとうございます!」

Sさんの長女は2ヶ月くらい前に めでたく結婚式を挙げたのでした.

「のじまさん,ありがとうございます! 次は孫ですよ孫! 臨月なんですよ!」

「おお! これはめでたい! おめでとうございますホントに! 孫,ですか!」

「はい! 孫,ですよ!」
f:id:takahikonojima:20170718045054p:plain

ずーっと疑問に思ってたこと

孫っていうのはどんなもんなんでしょうねぇ?

私も自分の孫にぜひとも会ってみたいものです.

なんでかっていうと,この人生において確かめてみたいことがあるからです.

世間一般に「自分の子供よりも孫のほうがかわいい」っていうことになってますが,それはどういうことなのか? それは自分の場合にもあてはまるのか? あてはまるのだとしたら,どれだけかわいいのか?

自分の子供とはイロイロな人生イベントを体験しながら,人生ゲームのコマを進めて行くわけですが,孫とはそういう関係でもないわけです.だったら自分の子供のほうがかわいいんじゃないでしょうか?

なんで孫?

っていうわけで,これまでの人生で,孫がいる人々には片っ端から,子供よりも孫の方がかわいいのかって尋ねてみたんですが,Noって答えた人が一人もいないんです.Yesって答えるか,はぐらかすか.

幼稚園くらいの頃から調査をはじめて,これまでに調査人数2桁,もしかしたら100人を越えてるかもしれません.

なんでこうなってるのかっていう説明としては,日本では人生において子供が生まれて成長して行く時期を仕事最優先で過ごすことが標準的で,その時期に子供に愛情を注ぐチャンスを逸してしまった過去を,孫のときに精算している,っていうのを聞いたことがあります.

だとすると,私のように,娘をめちゃくちゃに愛し続けている人生だと,使い切れなかった愛情を孫のときに精算する必要はありませんキリッ

孫が生まれたからって,「孫のほうが可愛い♡」とか言ってるとは思えないんですよねぇ.

それでも,そんな私の場合でも,娘よりも孫のほうがかわいいんでしょうか? だとするとどれだけかわいいのかと.なんかもう発狂しちゃうんじゃないかと思って,不安になってくるレベル.大丈夫かなー未来の俺.

どうなんでしょう?

なんていうことをSさんに言ってみました.

気持ちが片付いて生まれる心のスペースに入り込んでくる

あーソレなんですけどねのじまさん,僕,なんか わかってきたんですよ,なんでみんな孫が かわいい って言ってるのかが.

長女が結婚して出て行っちゃったでしょ? そのときには,まあ,なんていうか,自分自身で納得できないところもあったのかもしれないんだけど,しばらくすると整理が付くんですよ,「あいつは自分でパートナーをみつけて,そっちと一緒に人生を送り始めたんだ」ってね.

そうすると,それまで長女のことで占められていた頭の中とか気持ちの中とかが,片付くんです.そして,こんなに長女のことが自分の中で大きなスペースを占めていたのかっていうことに気付くんです.

で,その片付いたところに,孫,でしょ? もう長女のことは片付いちゃってるから,意識は孫に向くわけですよ!

もう,孫といっしょにアレしたい,コレしたい,あそこに行きたい,ココにも行きたい,ですよ!

f:id:takahikonojima:20170718041354p:plain

長生きしないと確かめられない

Sさんのこの説明はたいへんわかりやすく,そう言われてみればそうなんんだろうなーって想像してます.

で,自分のときはどうなるんだろうかっていうことをそれからずーっと考え続けてます.今も考えてる.

Sさんの場合には長女が結婚して出て行って短期間で孫が登場っていう流れなわけですが,この期間が何ヶ月とか何年とかだと,さらに孫がかわいいのかもしれないとか,でもそれまでの間に気持ちが片付くとはいえ,娘に関して一種の喪失感みたいなものを抱く時期を過ごすのだろうかとか,それゆえに孫登場の反動は大きくなるのだろうかとか,同じことが次女についても成り立つんだろうとか,もうイロイロな可能性.

それが何年先になるのかわかんないし,私が決めることでもないんだけど,私の長女は,比較的体力のある年齢で結婚して子供を産みたいって言ってるので,私は五十代前半のうちに孫に会える可能性があるわけです.

この人生において,娘2人(23才と18才)とこれだけ良好な親子関係を築くことができたのだから,孫とだって同じことができるっていう自信が私にはあります.これについては娘2人に感謝してますありがとう愛してるぜ大好きだ☆

孫ともドライブに行こう,美味しいごはんを食べに行こう,娘2人にしてきたことは孫にもしよう,かわいい服とかステキな靴とか綺麗なアクセサリーとか一緒に買いに行こう,孫も女の子がいいぞ

本格的に未来のことが楽しみになってきました!

そして意識はさらに未来へ

この調子で健康な毎日を過ごしていると,この人生では ひ孫に会える可能性もあります.

f:id:takahikonojima:20170718041421p:plain

ひ孫は孫よりもかわいいのか? そうなら 娘よりもかわいい存在よりもさらにかわいい存在とは? 人生は実際に送ってみないとわからないことで溢れています.

確かめるために,長生きしよう☆