読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ララララLife goes on

興味をもってきたものごとアレコレの記録

長女が大学を卒業しました:建築学科の4年間を化学系の父親からみると

行ってきた

f:id:takahikonojima:20170323203549j:plain
このたび長女が大学を卒業しました.

長女は 工学部建築学科 卒業です.※化学系ではありません.

長女が大学生になったのは2013年4月のことでした.
www.takahikonojima.net

そして4年の月日が流れました.一瞬でしたホント一瞬.

f:id:takahikonojima:20170323203523j:plain

卒業式会場は日本武道館でした.4年前の入学式と同じ会場です.

f:id:takahikonojima:20170323203540j:plain
f:id:takahikonojima:20170323203556j:plain
f:id:takahikonojima:20170323203601j:plain

この機会に,工業化学に関する大学教育を受け,化学に関係する仕事をしてきた私から見た,建築学科の娘の4年間を振り返って,思い出すことなどを

4年の月日

f:id:takahikonojima:20170324141513j:plain

この世界の仕組みを知るよりも,この世界に何かをつくりたいっていう考え

理工系と一括りにされている人々の中には「この世界がどういう仕組みになってるのかを知りたい」っていう人々もいれば,「この世界に何かをつくりたい」っていう人々もいます.その間にもいろいろな人々が.

私は両方足して2で割ったあたりに興味があって,DNAとか蛋白質とかを理解することによって生命の仕組みを探ることができないだろうか,っていうあたりに興味をもちつつ,これまで誰も考えたことのないような分子レベルの仕掛け を創ってみようか,なんていうあたりに興味があります.

一方,私の長女はというと,完全に「この世界に何かをつくりたい」に興味が向いています.

細胞の中でミトコンドリアがどうなっているとか,宇宙の果てがどうなっているとか,メタン分子のsp3混成軌道がどうなっているとか,そういうことには全く興味がなく,建物とか,街とか,大規模な構造体をつくることに興味が向いています.

我が家の私の書架には化学や生命科学の専門書が並んでいるのですが,これまでに長女が関心を示したことは一度もありません.

私は街づくりとか地形とか都市インフラとかにも学生時代から ちょこっと興味を持ち続けていて,そういう本も同じ書架に並んでおり,そのあたりは長女の興味のアンテナにひっかかっています.

そのすぐ近くに並ぶ「ファインマン物理学」とか「細胞の分子生物学」とか「有機電子論解説」とかは,視界に入っていても認識されていない模様.

その中で唯一興味を示したのが,「JIS 機械製図の基礎と演習」っていう,私が大学1年のときに履修していた工業図学の教科書だけでした.

「この世界がどういう仕組みになってるのかを知りたい」と「この世界に何かをつくりたい」は別なのです.

f:id:takahikonojima:20170324142017j:plain

同じ世界で生きているけど,世界を見るために使っているものさしのスケールが違うし同じものごとを別の言葉であらわすし

化学系の学生が化学熱力学のあたりで学ぶものごとを,建築学科では室内環境と空調との関係のあたりで学んでいるようです.

科目名を変え,適用する対象を変え,実は化学系の学生と建築学科の学生とは同じことも学んでいるっていうことを何回かに分けて私は知ることになりました.

建物の柱にかかる力がどうのこうのっていうのは,有機材料化学か何かで似たのを勉強した記憶があり,室内での空気の流れの性質がどうのこうのっていうのは,化学工学の何かでワケわかんない式が出てきてアレだった記憶があり.

長女の卒業が近づき,私はこの人生で初めて建築系の人々の研究要旨というものを見たのですが,まず「要旨」と呼ばずに「梗概(こうがい)」と呼んでいて最初は何のことだかわかりませんでした.

「こうがいのこうせいがわかんないので書き方をおしえて」と言われたときは日本語でおkって答えましたよ郊外? 公害? 口蓋?

コレがローカルルールと自由裁量の混ざった混沌とした状況でした.緒言→実験方法→結果→考察→参考文献,になってないし! たしかに設計とか現地調査とかだったら「実験方法」は書けないし.

なんて考えているうちに卒業論文が片付いて卒業式になっちゃったので,修士論文の頃にこのあたりの理解を整理しようと思ってます.

SI単位はステキ.専門領域を超えて同じ理解ができる.エッフェル塔もDNA分子も同じルールで長さを表現できるんだ!

f:id:takahikonojima:20150124132642j:plain

いろいろ教えたし,いろいろ手伝った

長女には,私がいなくても自分のことは自分でできる人間になってもらおうと思い,進学先が決まった瞬間からアレコレ世の中の仕組みを教えました.


じぶんのことはじぶんでやらないとダメなんです.

f:id:takahikonojima:20170323203645j:plain

f:id:takahikonojima:20170323203639j:plain
化学系の私には,こういうのが非常に新鮮でした.未知の世界☆

f:id:takahikonojima:20170323203702j:plain

これ以降,コンピュータ関連で何かを手伝うことはありませんでした.

図面を引くのは私にはムリなんですが,切り貼りとか片付けとかそういう作業を手伝ってくれと言われることがありました.

卒論は手伝いませんでした(そもそも手伝えることがない),修論もおそらく.

f:id:takahikonojima:20170323203721j:plain
卒業論文と賞状を持って帰ってきたのは4年生の冬のことでした.

グループワークで設計したり図面を描いたり模型を作ったりして,ソレを学内外のコンテストで競うっていう日々だった模様なのですが,その何かで選ばれた何かの賞状と,卒業論文(製本バージョン)とを持って帰ってきた日があります.

6才のころに「1たす1」を教えるところから始まり,理科の自由研究を私がいっしょにやり,高校時代の理工系大学受験数学「置換積分スピード競争よーいどん☆」あたりまでいっしょにやりながら教え(計算処理速度は数日で抜かれた)た長女が,工学部の卒業論文を持って帰って来るっていうのは,間違い無くこの人生における大きな喜びの場面の一つです.

ものごとの考え方

大学教員としてアレ

父親としてアレ

理科大にはときどき「ぱんきょー留年」っていう人が出るとのことで,1年の一般教養文系科目を3年とか4年とかまでズルズル持ち越して,卒業が遅れる人々もいるとのことです.

長女もその一員になる可能性大だったのですが,3年生に進級後,「選択と集中」and「火事場の馬鹿力」で文系科目の試験勉強をやっつけ,ミラクル単位取得→進級→4年で卒業☆

成績表に記されている過去の記録より,私は未来のものごとを考えたいのです.

成人したし

www.takahikonojima.net

どの駅からスタートしようか

今もわかんない.

ワインが好きなのは私に似たのかもしれません.※私は外出先では飲酒しない

運転免許も取ったし

結局,この翌春に買い替えました.
www.takahikonojima.net

幸せを追求すべし

人生においては幸福を追求すべし.

f:id:takahikonojima:20170323203459j:plain

そして大学院へ

そして大学院修士課程へと,つづく.
f:id:takahikonojima:20170323204241j:plain

このブログを書いている人

www.tnojima.net

神代植物公園大温室に行ってみたよ:1年前にリニューアルオープン

行ってきた

f:id:takahikonojima:20170311205806j:plain
神代植物公園の大温室に行ってきました.

f:id:takahikonojima:20170311205813j:plain

大温室は2014年から大規模改修工事が始まり,それが昨年2016年5月に完了して リニューアル・オープンとなっていたのですが,見に行く機会を逸していました.

前回行ったのは2016年3月

前回 神代植物公園に行ってから1年以上が過ぎていました.このときは梅の花を見に行ったのでした.


リニューアルされた設備

大温室は以下の6区画から構成されています.

  • 熱帯花木室
  • ラン室
  • ベゴニア室
  • 熱帯スイレン室
  • 小笠原植物室
  • 乾燥地植物室

f:id:takahikonojima:20170311210009j:plain
f:id:takahikonojima:20170311210026j:plain
f:id:takahikonojima:20170311205852j:plain
f:id:takahikonojima:20170311205901j:plain
↑ショクダイオオコンニャクの木.6年から7年に1回だけ花を咲かせます.
前回は2015年9月でした.
この時は見に行きました.
www.takahikonojima.net

花が枯れた後,何がどうなるとこのような木になるのかが不明です.

f:id:takahikonojima:20170311205914j:plain
↑乾燥地植物室にはサボテンがゴロゴロしていました.
触ってはいけないとの注意書きがありましたが,わざわざ触ろうと思う人は滅多にいないことでしょう.

園内散策

f:id:takahikonojima:20170311205922j:plain
梅の季節が過ぎ,椿の季節に移り変わっている途中でした.

f:id:takahikonojima:20170311205930j:plain
都内唯一の「植物公園」である神代植物公園は,どの季節に来ても楽しめる施設です.

近くには深大寺蕎麦で有名な深大寺もあり,1日楽しめるエリアとなっています.

まもなく椿のシーズンとなり,それに続いて桜のシーズンがやってきます.

このブログを書いている人

www.tnojima.net

原鉄道模型博物館で「台湾の軽便鉄道展」開催中:約100年前製造の動態保存車両も展示中

行ってきた

f:id:takahikonojima:20170311194223j:plain
「台湾の軽便鉄道展」 をみるために 原鉄道模型博物館 に行ってきました.

f:id:takahikonojima:20170311194233j:plain

軽便鉄道 #とは

軽便鉄道っていうのは,簡単に説明すると,安いコストで建設された鉄道のことです.

レール間隔が一般的な鉄道規格より狭いことが多く,例えばJRや小田急や京王井の頭線が1067 mmなのに対して,762 mmとか610 mmとか,そういうサイズです.

自動車が普及していなかった時代,とりあえず軽便鉄道を建設して物資を輸送しよう,ということがよくありました.

軽便鉄道は全国に建設されたのですが,社会の変化とともに廃止されて行き,現在国内では数カ所で旅客営業や荷物輸送を行っているだけです.

簡単な説明おしまい.

台湾の軽便鉄道

軽便鉄道は100年以上むかしの台湾でも建設されました.

その中には製糖会社の貨物輸送用に建設されたものもありました.

現在では廃止されていますが,当時の車両や設備を保存し,観光資源に転用している場所もあります.

今回,その中の1両が台湾から日本に貸し出されることになりました.

台湾製糖株式会社巡回車111

f:id:takahikonojima:20170311194243j:plain
今回 台湾から日本に貸し出されたのは,「台湾製糖株式会社巡回車111」です.案内板によれば

『現在ある糖業鉄道のうち,動態保存が可能で,最も古い歴史を持つ巡回車である.』

とのことです.1921年12月,台湾製糖株式会社佳里工場製造.まもなく製造から100年です.

f:id:takahikonojima:20170311194252j:plain
車内に立ち入ることもできなければ,触ってもいけない,という状況でしたが,厚く塗り重ねられたペンキからは,100年近くの歴史を感じることができました.

f:id:takahikonojima:20170311194304j:plain

特別展示

f:id:takahikonojima:20170311194313j:plain
動態保存中の車両の他に,台湾の軽便鉄道に関する歴史的資料が展示されていました.

模型,パネル,ビデオを組み合わせての展示になっていました.

常設展:鉄道模型運転

f:id:takahikonojima:20170311194335j:plain
原鉄道模型博物館は鉄道模型コレクターとして世界的に有名な故・原信太郎氏のコレクションを展示している施設です.

館内には世界最大規模の鉄道模型レイアウトがあり,その運転をすることができます.

f:id:takahikonojima:20170311194321j:plain
鉄道模型車両に小型ビデオカメラが組み込まれており,そこからの視界を液晶ディスプレイで見ながら,実際の鉄道車両の運転台を模したコントローラーを使って,模型を一周させることができます.

係の人が,どのタイミングで加速を止めるのか,どのタイミングでブレーキをかけるのかを教えてくれるので,駅を発車した列車を一周させて無事に元の場所に停めることができました.合計4週体験することができました.

台湾の軽便鉄道展は3月13日(月)まで

台湾の軽便鉄道展は3月13日(月)までの開催です.この企画に関心のある方はおはやめにどうぞ.

このブログを書いている人

www.tnojima.net

横浜市電保存館:横浜の成長と発展を支えた路面電車に会える場所

行ってきた

f:id:takahikonojima:20170311164938j:plain
今年1月にリニューアルオープンされた横浜市電保存館 に行ってきました.

実際に横浜市内を走っていた電車が保存されているだけでなく,横浜市の発展とともに市電の路線網が広がり,共に成長し,時代が変わり,市電が廃止されて現在に至るまでの歴史がわかりやすく説明されていました.

保存されている車両

6両の旅客用電車と,1両の貨物輸送用車両が並んで保存されています.

500型

f:id:takahikonojima:20170311164336j:plain

1000型

f:id:takahikonojima:20170311164343j:plain

1100型

f:id:takahikonojima:20170311164353j:plain

1300型.

f:id:takahikonojima:20170311164401j:plain

1600型

f:id:takahikonojima:20170311164407j:plain

1500型

f:id:takahikonojima:20170311164415j:plain

無蓋貨車

f:id:takahikonojima:20170311164422j:plain
横浜市電は乗客輸送だけでなく,貨物輸送にも利用されていました.そのために無蓋貨車が作られました.無蓋貨車は,たとえばビールの輸送に活躍していました.
f:id:takahikonojima:20170311164427j:plain
f:id:takahikonojima:20170311164433j:plain

旅客車両の中には立ち入り可能

保存されている6両の旅客車両は,いずれも立ち入り可能です.
f:id:takahikonojima:20170311164442j:plain
窓枠も背もたれも木製で,手で触ると暖かみがあります.

f:id:takahikonojima:20170311164449j:plain
「図統系転運車電」は右から読みます.その車両が使われていた当時の路線図が車内に復元されています.

f:id:takahikonojima:20170311164455j:plain
車内広告も復元されています.

f:id:takahikonojima:20170311164500j:plain
市電は運転士+車掌の2名が搭乗していましたが,1967年から1人が兼務する「ワンマン運転」に切り替わって行きました.その際に乗客が降車希望を運転士に伝えるためのボタンが車内に設置されました.いまの都市部路線バスではこの方式が標準なので,「ワンマン」の意味は逆に伝わらなくなっています.

f:id:takahikonojima:20170311164507j:plain
乗り物のドアが自動的に開くしくみになった当時は,ドアに手指を挟まれる事故が多発していました.傷口こそ描かれていないものの,赤い血しぶきっぽい表現で注意を促しいます.

f:id:takahikonojima:20170311164513j:plain
運転席に運転士の帽子が置かれている車両もあり,もちろんかぶってみることもできます.

f:id:takahikonojima:20170311164518j:plain

その他の展示

f:id:takahikonojima:20170311164524j:plain
路面電車に使われていたモーター.一部が切り取られていてコイルが見えます.

f:id:takahikonojima:20170311164529j:plain
女性乗務員の制服.半世紀以上前の映画やマンガに出て来る「未来の洋服」のイメージ.

f:id:takahikonojima:20170311164535j:plain
昭和三十年代のお菓子を展示しているコーナーがありました.
ミルキーのパッケージに印刷されたペコちゃんの顔がなんか今のと違うような

f:id:takahikonojima:20170311164541j:plain
鉄道模型コレクターの故・吉村栄氏のコレクションも展示されています.

f:id:takahikonojima:20170311164547j:plain
PCゲームの「横浜市電車庫入れゲーム」.簡単なようで難しい.

社会の発展と変化のストーリーを市電を軸に整理した博物館

横浜市電保存館は横浜市に走っていた路面電車を保存する博物館としてだけでなく,横浜の成長と発展の歴史を整理して理解するために市電をモノサシにしている資料館でもあります.

街が広がると新しい交通手段が必要となり,そこで路面電車が登場して活躍し,それに伴って街が広がり,それに伴って路線も広がり,さらに街が広がると,市電では交通を支えきれなくなって地下鉄やバスに置き換わって行き,というストーリーを読み取ることができます.

路面電車や乗り物に興味の無い人でも楽しめる施設です.

このブログを書いている人

www.tnojima.net