読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ララララLife goes on

興味をもってきたものごとアレコレの記録

十代の頃以来ヘッドホンで音楽を聴いて楽しんでる今日このごろ

買った 音楽

f:id:takahikonojima:20151025095604j:plain
家電店でたまたまヘッドホンを見かけて買ってきました.

3,000円くらいのヘッドホン.オーディオテクニカ製.

コレで音楽を聴いてみたところ,ホントに「よく」聞こえるので驚いている今日このごろです.

むかしもヘッドホンを使っていた

十代の頃にも自宅にヘッドホンがあって,コレでラジオだのカセットテープだのアナログレコードだのを聴いていました.

その頃は「よく」聴くためではなく,夜中に静かにするためとか,周囲の雑音をシャットアウトするためとかにヘッドホンを使っていたのでした.

ヘッドホンを使わなくなった

私,「ながら勉強」ができないタイプなので,正確に言うと「他の作業をやりながら同時にインプット作業ができない」シングルタスクなタイプなので,ヘッドホンをアタマに装着すると「音楽を聴く」しかできなくなります.

持ち時間は24時間しかないので,高校生になり大学生になり,という調子で自宅にいない時間が増えてくると,ヘッドホンを使うこともなくなりました.

通学時にはカセットテープの音楽をイヤホンで聴くようになり,ヘッドホンはどこかに行ってしまい,それっきり.

コトの発端はカーステレオから

バス電車電車バスで大学に通勤する日々が面倒になり,自動車通勤メインになったのが2年前で,車中ヒマなのでこれまでの人生で買い込んできたCDを聴くことにしました.

そしたら,カーステレオの音が「よく」聞こえるのです.

「え!? こんなベースだったんだ! むかしは『よく』聞こえなかったのに!」みたいな

そうなってくると,これまでの人生で買い込んできたCDを「しっかりと」聴き直してみよう,ということになるわけです.

往復2時間ちょいの車中は音楽を聴くための時間となりました.

そして21世紀の低価格ヘッドホンを

標準装備のカーステレオでこれだけ「よく」聞こえるんだったら,ヘッドホンだったら「もっとよく」聞こえるんじゃないだろうかっていうことを考えて数ヶ月.急ぎの買い物で出かけた家電店でヘッドホンコーナー方面からの引力を感じ,2015年のヘッドホンを見比べることとなり,いちばん安い価格帯のを買ってきたのでした.

ケーブルが片側の耳から出ていること最優先.両側から出ていて途中で1本に合流するのはジャマだからイヤ.

たしかによく聞こえる

数十年ぶりに使ってみたヘッドホンはホントに「よく」聞こえます.

「おお! ステレオ!」っていう感じ.

最後にヘッドホンで音楽を聴いた十代のある日から現在までの間,どれだけの音を聞き逃してきたのかと思うと,ちょっとした機会損失な感覚を抱くとともに,また人生に新しい楽しみができた喜びもあって,楽しい今日このごろララララ life goes on.

audio-technica STREET MONITORING 密閉型オンイヤーヘッドホン ポータブル ネイビー ATH-S300 NV

audio-technica STREET MONITORING 密閉型オンイヤーヘッドホン ポータブル ネイビー ATH-S300 NV

Amazonだと2,000円台で買える模様.

今日はポール・マッカートニーの「タッグ・オブ・ウォー」(1982年)と「パイプス・オブ・ピース」(1983年)の2015年リマスター版を聴いてます.

タッグ・オブ・ウォー(デラックス・エディション)

タッグ・オブ・ウォー(デラックス・エディション)

パイプス・オブ・ピース(デラックス・エディション)

パイプス・オブ・ピース(デラックス・エディション)

十代の頃にアナログレコードで聴いていた音では聞こえなかった音がこんなにたくさん埋もれていたとは!

関連記事

takahiko.hatenablog.jp